デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)「date.KOBE ×フォルトゥナの瞳 映画ロケ地デートマップ」

ウェブマガジンdate.KOBE × 映画「フォルトゥナの瞳」のコラボ企画の一環として、映画「フォルトゥナの瞳」のロケ地となった場所をマップ化し、Strolyのサービスでご利用いただけるようにした企画です。マップを利用したユーザーのデータから、実際に「ロケ地巡り」をしたユーザーの軌跡を検証するなどの効果測定をおこないました。

企画内容

ウェブマガジンdate.KOBE × 映画「フォルトゥナの瞳」のコラボ企画の一環として、映画「フォルトゥナの瞳」のロケ地となった場所をマップ化し、Strolyのサービスでご利用いただけるようにした企画です。date.KOBE上の特設ページよりStrolyマップにリンクする形式で展開し、期間中に約13,000人のユーザーからアクセスがありました。ロケ地となったポイントのランドマークピンからロケ地写真が閲覧できるという内容で、映画の公開終了後もアクセスが続く人気コンテンツとなりました。

マップから得られたデータの活用

Stroly上でマップを公開することで、マップのアクセス状況や、実際に位置情報つきでマップを利用したユーザーの行動の様子を検証することができます。

アクセス状況のデータに基づいて、マップのデザインやコンテンツ設計のアップデートができるだけではなく、ユーザーの位置情報データに基づいてエリアブランディングの課題を抽出することも可能です。

(図1:本マップがアクセスされた地点を表すイメージ図)

本事例においては、このマップをきっかけにユーザーに神戸にデートにきてもらうこと、実際にユーザーに「ロケ地巡り」をしてもらうこと、をゴールイメージにマップを作成し、Strolyのサービス上で展開しました。

そこで、取得されたデータに基づき下記の点を検証しました。

  • アクセスデータに基づいた、マップに描かれたエリアに訪れたユーザーの数、その日別/時間帯別の推移
  • 位置情報データに基づいた、実際に「ロケ地巡り」をしていると考えられるユーザーの軌跡の例の検証

その結果、下記のような点が確認できました。

  • マップに描かれたエリアからのアクセスは18時-22時の夜の時間帯に多い傾向があり、(Strolyの他のマップでは、マップに描かれたエリアからのアクセスは日中に多い傾向がある) 夜の神戸に訪れたユーザーが一定数いたことがわかりました。
  • 一般的には観光地ではない、「ロケ地」を巡っているユーザーの軌跡が多数確認され、「ロケ地巡り」をしたユーザーの軌跡や傾向が確認できました。

Strolyではこれらの結果を生かし、同様のコンテンツや企画への応用、よりよいユーザー体験の検討等をおこなっています。


■ 実施期間:2019年1月~2019年4月
■ 契約プラン:ビジネスプラン
■ クライアント:エンドクライアント:デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)
■ URL:https://stroly.com/viewer/1547536507/
■主な業務内容:地図のオンライン化、ランドマークピンの登録

関連記事

  1. 京都橘大学「バーチャルオープンキャンパスマップ」

  2. 一般社団法人みなとみらい21「横浜みなとみらい散策マップ」

  3. 株式会社三菱地所設計「丸の内歴史案内」

  4. 株式会社丹青社「小江戸川越散策マップ」

  5. 東急株式会社「Wander Compassマップ」

  6. 平城京再生プロジェクト「みやこのまわりポタリング・マップ」

Categories